なぜ勉強するのか

考える力が足りないと「自分のこと」しか考えられない。

「自分のこと」しか考えない奴ほど嫌な奴はいない。

勉強は「考える力」を鍛える効果的なトレーニングの一つである。

人類はその進化の過程において「種」を発展させるために「社会性」を選んだ。

「社会性」とは突き詰めれば「信頼の上に成り立つ分業制」である。

そして分業制を維持している「人々」とは「信用できる社会の構成員」のことである。

なぜ国、社会、つまり人々は教育に「願い」と「資金」を費やすのか。

それは子供達に社会の一員として「真っ当な人」になってほしいからである。

決して個人の「夢」のためなどではない。

「真っ当な人」とはどんな人か

「自分のこと」以外を考えられる人である。

個別学習教室 北辰塾  塾長 谷村 憲之

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中